トップ > 食育特集 > File.49(1)

特集メインタイトル

日本茶鑑定士とは、いわば日本茶のプロ中のプロ。高い能力と知識にさらなる磨きをかけたものにだけ与えられる資格です。日本茶鑑定士協会が2007年に創設して以降、国内に39人しか誕生しておらず、うち女性は2人だけ。田村千夏さんはその1人として、関西を基盤に日本茶の魅力を発信しています。

日本茶鑑定士 田村千夏さん

日本に2人しかいない女性日本茶鑑定士の1人。兵庫県尼崎市にある老舗茶屋「甘露園」に生まれ、短大卒業後は家業を手伝う。お茶のおいしさを広く知ってもらいたいという思いから、日本茶インストラクターの資格を取得。その後、茶審査技術競技大会の全国大会へ毎年出場を果たし、茶審査技術六段を取得する。さらに、高段位取得者の中から選出され研修等を経て取得できる日本茶鑑定士に認定。現在は尼崎市内にある「茶カフェ&ダイニング 桜里」のオーナーを務め、女性初の全国茶業連合青年団団長としても活躍中。次世代の茶業を担うリーダー的存在として注目されている。

日々お茶の可能性を探求

【駅から近く、アクセス抜群の「「茶カフェ&ダイニング 桜里」。お茶のおいしさをストレートに伝える1軒です(画像上)。
店の人気ドリンク「抹茶ビール」は田村さんが考案。肉料理にも合うさっぱりとした口当たりです(画像下)。

阪神電鉄尼崎駅を降りてすぐ目の前にある「茶カフェ&ダイニング 桜里」。日本茶鑑定士の田村千夏さんが、本格的なお茶をカジュアルに楽しんでもらいたいとオープンさせました。茶葉のうま味を極限まで引き出したドリンクやお茶を使ったスイーツはもちろん、夜は食事に合うアルコールメニューも豊富。抹茶やほうじ茶、緑茶をベースにしたカクテルはほかでは味わえないと、地元のサラリーマンたちにも人気です。

田村さんが太鼓判を押す自慢のメニューは「抹茶ビール」。冷水だての抹茶と生ビールを合わせた斬新な1杯です。グラスに並々と注がれたグリーンは、はっとするほど鮮やか。味への好奇心をくすぐります。「実は抹茶ビールには100g5500円の高級抹茶を使っているんですよ」と耳打ちする田村さん。口に運ぶと香り高い抹茶の風味が鼻腔から抜け、穏やかな苦味の後に追いかけてくるのは深いうま味。ビールが苦手な人もすっと喉を通る爽やかさが売りです。

最近ではお客さんからの要望で「抹茶ハイボール」も加わり、新感覚のテイストがさらに充実。自身はお酒が苦手ながら、お茶の新たな可能性を見出そうとする田村さんの探究心は尽きることがありません。

技を極めた独特な抽出方法

田村さんは体調が優れず味覚や嗅覚が鈍っているときも、お茶を的確に見極めるチャンネルはブレないのだそう(画像上)。
「一口目でお客さんを驚かせてこそプロ」と言う田村さん。独自の手法で茶葉の持つおいしさを最大限に引き出します(画像下)。

「まずは私が淹れたお茶を飲んでみてください。普段飲んでいるお茶との違いが一目瞭然だと思いますよ」。そう言って急須を手にした田村さん。手首を頻繁に返す独特な手法で湯飲みに注ぎ入れます。この動作の意味とは?「早く抽出しようと急須を揺する人が多いですが、それだと色と渋味が出るだけ。何度も手首を返すことでゆっくりと茶葉を開かせ、コクとうま味を引き出しています」。湯飲みの中に満ちていく清らかな緑色は実にまろやか。一口、また一口と飲み進めるほどに体に染み渡り、心を和ませてくれます。

次いで飲ませてもらったのは氷水で抽出する緑茶。その手法も独特です。用いるのは先の茶葉と同様のもの。お湯出しのときの2倍の量の茶葉を急須に入れ、たっぷりの氷と水を加えます。静かに茶葉を開かせ、ガラスのグラスへ注ぎ切ると、せっかく抽出したお茶を再び急須の中に戻し始めました。「このテクニックは日本茶のプロとしてはあるまじき行為なんですけどね」と笑う田村さん。もう一度茶葉に通すことで、2煎目を飲んだときのような濃さと深みのあるコクを1煎目から引き出すことができるそう。日本茶を知り尽くした田村さんが、飲んだときの第一印象を高めたいと試行錯誤を重ね、たどり着いた裏技です。グラスに顔を近づけると、ふわりと広がる華やかなアロマ。鮮緑の水色に渋味と苦みはなく、まったりと力強いうま味が余韻を残します。

水出しのお茶はカフェインフリーで体に優しいのが利点。たっぷりとカテキンが引き出されているので、栄養価でもお湯で抽出したお茶に劣りません。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ