トップ > 食育特集 > File.43(1)

特集メインタイトル

生パスタはイタリアの家庭の味。日本人にはなじみの薄い食材でしたが、近頃は専門レストランも登場し、身近に楽しめるようになりました。もちもちとした食感はクセになるおいしさ。生パスタの魅力をもっと広めていきたいと情熱を注ぐ淡路の製麺会社を訪ねました。

淡路麺業

兵庫県淡路市生穂新島9-15 0120-161-820 https://www.namapasta.net/
1909年にうどん屋「氷室商店」として創業。地元に愛される味として成長し、1968年には島内5つの製麺屋が集まり「淡路麺業」を設立。工場を持ち、製造の効率化と品質向上に励む。2007年より5代目社長出雲文人氏が生パスタの研究に着手。先代から受け継がれてきた麺づくりへのこだわりを大事にしながらも、新たな可能性を追求していく。同社が製造する生パスタは徐々に評判を広げ、全国に販路を拡大。2015年に新工場を設立し、現在は北海道から沖縄までおよそ1800軒の取引先を持つ。

今注目の淡路島産生パスタ

40種類にも及ぶ淡路麺業の生パスタ。風味豊かでもちもちとした食感が多くの人を虜にしています。

瀬戸内海の静かな波間に浮かぶ淡路島。古事記や日本書紀には、日本列島で最初に誕生した島と記され、国生み神話にまつわる言い伝えが数多く残されています。豊かな自然と温暖な気候にはぐくまれた山海の幸は極めて良質。平安時代までは「御食国(みけつくに)」として皇室や朝廷に食材を献上してきました。現在も玉ねぎや淡路ビーフなど絶品の特産品がそろう食材の宝庫として知られています。

なかでもこのところ話題となっているのが島生まれの生パスタ。創業108年を迎えた老舗製麺会社「淡路麺業」が手掛けています。淡路麺業はうどん製造業に始まり、地域に根付いた商売を長年地道に行ってきました。しかし食へのニーズが多様化するなか、うどんの売り上げは1990年を境に年々落ち込むばかり。行く末を案じた5代目社長・出雲文人さんは生パスタの可能性に着目し、これまで培ってきた製麺技術を足掛かりに2007年より製造に乗り出しました。

未知なる麺への挑戦

もっとも一般的なスパゲッティ。生麺は低温で製造しているため調理をしても小麦粉の高い風味が感じられます。

日本でパスタといえば、長期保存や持ち運びに便利な乾麺が主流。出雲さんが生パスタづくりを始めたころは一部の高級レストランでメニューに並んでいる程度で、まだまだ知名度の低い食材でした。実は出雲さんもパスタ料理にはなじみが薄かったとか。

「実家がうどんやそば、ラーメンを作っていたために小さいころから麺と言えばそればかり。パスタは自分の中で唯一未知な食べ物でした。まずは海外からパスタを取り寄せたりレストランを食べ歩いたりするところから始めて、とりあえず自分で作ってみようと。暗中模索のなか試作品を作っては食べての繰り返し。500種類くらい作ったところでだんだん方向性が見えてきました」。

自分の舌と技術に揺るぎない自信を与えてくれたのは、ウェスティンホテル淡路の当時の料理長でした。「料理長は自分でも手打ちでパスタを作っていました。試作品を食べてもらい、さすが麵屋さんやねとお墨付きをもらったときは本当にうれしかったです」。

料理長の一言に背中を押され、出雲さんは自社の生パスタを売り込むため営業を始めます。しかし一筋縄ではいきませんでした。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ