トップ > 食育特集 > File.40(1)

特集メインタイトル

日本古来のお菓子として人気を博してきた「おこし」。海を渡って伝えられた味は、食文化の街である大阪で発展していきました。その歴史と深くかかわる老舗店「あみだ池大黒」で、おこしの足跡をたどります。

あみだ池大黒

【本店】大阪府大阪市西区北堀江3丁目11-26 06-6538-2987 
【西宮本社】兵庫県西宮市西宮浜1丁目4-1 0798-36-1854
http://www.daikoku.ne.jp/
1805年(文化2年)創業の200年を超える菓子店の老舗。初代・小林林之助氏が年貢米を運んでいた千石船から良質米を安価で手に入れ、それを原料に「お米のおこし」の製造・販売を開始。以来、独特の食感と味わいが巷で評判を広げ、大阪を代表するお土産として不動の地位を確立した。昨今は伝統の製法や味を重んじながらも、時代を読んだ新しい商品づくりにもチャレンジ。和と洋を融合させた次世代商品ブランド「pon pon Ja pon」(ポンポンジャポン)「マシュー&クリスピー」は、これまでのおこしの概念を覆し、若い世代にも浸透している。

貴族の嗜好品から庶民の味へ

蒸したお米を乾燥させ、パフ状に炒ったもの。サクッと香ばしい味と香りの秘密がこの炒り具合にあります。

お米や雑穀などを加工し、しっかりと水飴で固められたおこしは干菓子(ひがし)の一種。噛み応えのある食感と口の中で広がる素朴な甘さ、香ばしい香りが親しみやすく、世代を超えて支持されています。

おこしは平安時代、遣唐使によって伝えられました。当時の辞書『倭名類聚抄』(わみょうるいじゅうしょう)につくり方が紹介されていることからも、その人気ぶりをうかがい知ることができます。古くは「おこしめ」と呼ばれ、お米が原材料に使われたことから「興米」「粔籹」の字を当てていました。また、平安時代の法令集『延喜式』(えんぎしき)にもおこしめについての記載があり、天皇の即位儀礼の一つに定められた食べ物で、奈良時代には豊作祈願として神々にお供えされていたようです。現在も奈良・春日大社や京都・下鴨神社で行われる重要な神事におこしは欠くことができません。

そんなおこしは、貴族など上流階級にだけ許された食べ物として徐々に広がっていきます。庶民も気軽に口にできるようになったのは江戸時代に入ってから。まだまだお米が貴重だったことから、粟やハトムギ、ひえなど質素なものでつくっていました。ゆえに粟おこしという名が付いたと言われています。

縁起の良いお菓子

昭和16年ごろの工場の様子。業界初の近代工場の完成で量産体制が整い、売り上げも右肩上がりに。

ひと口におこしと言っても、東京・浅草の雷おこしをはじめ各地には数々の名物おこしが存在します。特産物を加えたり食感に変化をつけたりと、地域によって少しずつ特色が異なるのもこのお菓子の興味深いところでしょう。とりわけ大阪では、古くから地元を代表する銘菓として掲げられ、今も昔もお土産の大定番です。

おこしが大阪の名物となったのには理由があります。江戸時代、天下の台所と呼ばれた大阪には全国各地からおいしいものが集まっていました。おこしづくりに必要なお米や砂糖、水飴も安易に手に入り、上質なものをそろえることができました。また大阪は食い倒れの街として独自の食文化が栄えてきた地。おいしいものへの飽くなき追求心がおこしにも及び、お米をあえて粟のように粉砕した「お米の粟おこし」が誕生します。大阪だからこそ生まれた、このお米を使った「おこし」は、他の地方でつくられた雑穀の「おこし」よりもおいしいと人々を引き寄せ全国へと拡大。「身をおこし、家をおこし、国をおこして、福をおこす」という縁起の良いお菓子として世に知られるようになりました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ