トップ > 食育特集 > File.33(4)

特集メインタイトル

瀬戸内の旬を彩る海の恵み

まだ寒さは残りながらも、少しずつ春の足音が聞こえ始める2月終わりから3月初め。瀬戸内海はいかなご漁が解禁を迎えます。特に明石海峡ではいかなごの新子漁がさかん。全国でもトップクラスの水揚げ量です。新子とは生まれたばかりのいかなごのことで、兵庫を中心とした関西での呼び名。新子の中でも漁が始まった最初のときにしか獲れない稚魚をコナ、親魚になるとフルセと呼び、成長過程で名前が異なるのが特徴です。人々は徐々に脂が乗っていくのを楽しみながら、移り行く季節に心を重ねます。

いかなごの新子漁は期間が短く、解禁日からおよそ1ヵ月程度。この時期はいかなご漁の漁船で漁場がにぎわいます。早朝、港を出た漁船は2隻が一組となって網を曳く船曳網漁で大漁を狙います。網を揚げると中には新子がどっさり。鮮度を保ちながら陸揚げし、すぐにせり場へと運ばれ入札を開始。初物には縁起良く高値が付くのが通例で、落札後はすぐに市場へと送り出されていきます。

昔は大漁が続いたいかなご漁も、ここ数年は低迷ぎみ。海の中の環境が変わり、水揚げ量が減少傾向にあります。そのため、漁を行う時間を制限したり禁漁日を設けたりして、いかなごの保護に努めています。

シーズン中はいかなご一色

量り売りされていたいかなごのくぎ煮。ベストシーズンを狙って食べたい食卓のお供です。

いかなごの味わい方は産地によってそれぞれですが、瀬戸内海周辺に暮らす人々にとってもっともポピュラーな食べ方と言えば釜茹でとくぎ煮です。特にくぎ煮は春の風物詩。兵庫を代表する家庭料理でもあります。炊き方や味は家々によって少しずつ違いますが、しょうゆ、酒、砂糖などでさっと煮つけるのがオーソドックスなレシピ。甘辛い味がアツアツのごはんにも日本酒にも合う一品です。身があまりに小さすぎると煮崩れてしまい、大きすぎると口当たりが悪く脂が回りすぎると好まない人も多く、主婦たちがこぞって買い求める人気のサイズは3~4cm程度とか。シーズン中は大鍋で何度も炊く人もいて、我が家の自慢の味を近所に配ったり、遠方の親戚に送ったりする姿をよく目にします。

「いかなご漁のシーズン中は、くぎ煮を炊くお客さんに合わせて魚の棚の雰囲気ががらりと変わります。魚屋の店頭にはその日水揚げされた新鮮な生のいかなごがずらりと並ぶのはもちろん、うちみたいな八百屋では味のアクセントと臭み取りとして一緒に炊き込むショウガをメインに据えます。酒屋はしょうゆなど味付けに使う調味料を目立つ場所に陳列してますし、この時期ばかりは通りのどこを見てもいかなご一色になるんです」。保存用の容器をどっさりと仕入れて売る店もあるとか。「天ぷら屋さんなどでは自分の店で炊いたくぎ煮を売っているので、いかなごを調理する匂いと生のいかなごの匂いとが入り混じって、なんとも言えん香りが通り全体に漂っています。私たちにはすっかり慣れた季節の光景ですが、初めて来られたお客さんはびっくりされるかもしれませんね」(笑)。

今後も地元の人を大事に

駅前のリニューアルに伴い魚の棚商店街へ通じる歩行者用デッキが設けられ、天候の悪い日も行きやすくなりました。

ここ数年、急速な駅前開発で進化が目まぐるしい明石の街。駅から魚の棚商店街へのアクセスもスムーズになり、新たな人の流れが期待されるところです。その反面、多くの商店街が抱えている後継者問題やスーパー・大型ショッピング施設との市場競争も無縁ではありません。今後の商店街の在り方を瀧野さんはどのように考えているのでしょうか。

「最近は魚屋や八百屋などの物販の店が減って、立ち飲み屋や居酒屋などの飲食店が増える傾向にあります。これについては組合でも賛否両論。商店街全体ににぎわいはあっても形は変わってしまいますから。魚屋が元気だったころが一番魚の棚らしいとは思いますけど、もうあの時代に戻ることは難しいでしょうね。大阪の黒門市場みたいに外国人観光客を意識した商売で小売に活気があるのは、正直うらやましい気持ちもあります。でも魚の棚商店街はやっぱり地域密着が第一。地元の人を大事にする商売をこれからも長く続けていけたらと思っています」。

(2017年1月 取材・文 岸本 恭児)

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ