トップ > 食育特集 > File.33(3)

特集メインタイトル

地元が誇る多彩な海の幸

鯛をさばいた後のあらはお値打ち。運よく出合えれば絶対に“買い”です。お吸い物や煮物にぴったり。店頭で揚げているアナゴの天ぷらやタコの煮つけなどの総菜は、観光客がお土産に買っていくことも。

明石の海は食材の宝庫。その代表格といえばやはり鯛でしょう。地元を代表するブランド食材で、魚の棚を歩いていても立派な姿が目に留まります。明石海峡で獲れる鯛は明石鯛と呼ばれ、豊富なえさを食べ速い潮の流れにもまれて育った身は、程よく引き締まり食べ応えがあります。春先から初夏にかけて水揚げされるものは桜鯛、秋に獲れる見た目も味もふくよかな鯛は紅葉鯛と言われ、高級食材として扱われています。

魚の棚の飲食店で寿司のネタや丼ぶり、天ぷらなどにして提供されているアナゴも明石の名物。明石産のアナゴは年中味にブレがないと評判です。地元ならではの味は、冬に旬を迎える大振りなアナゴ「伝助(でんすけ)」。料理しやすい一般的な大きさが約200gであるのに対し、伝助は300g以上もあります。大きくなりすぎると市場価値が下がり、調理に手間がかかると昔は嫌がる料理人も多かったようです。けれども今では調理法も広がり、魚の棚商店街にある飲食店では伝助を目玉メニューに客を呼び込むところが増えました。脂が乗りとろけるような味わいは、一度食べるとやみつきになります。

これぞ絶品! 明石タコ

まえもんの活きを味わうなら魚の棚商店街にある鮨屋に入ってみるのもおすすめ。甘さが際立つ生ダコは絶品。

瀧野さんが「実は鯛よりブランド力があるんです」と教えてくれたのがタコ。明石海峡付近で水揚げされるマダコは明石ダコと言われ、兵庫県が漁獲量日本一を誇っています。明石ダコは身がぎゅっと締まりプリッと肉厚。甘味とうま味を備え、非常に評価が高い特産品です。そのおいしさを手軽に味わえるのが、魚の棚商店街に何軒もある明石焼き専門店。玉子焼きの名でも親しまれている市民のソウルフードです。店ごとに出汁や生地の味、タコの歯ごたえが違ったりもするので、数件を食べ比べてみるのも魚の棚の楽しい歩き方。そのほかにも、うま味が染み渡ったタコ飯や歯ごたえ十分のタコのぶつ切り、やわらかい煮つけなど、産地ならではのタコ料理を存分に味わうことができます。

明石ではタコのおいしさをもっと広めていこうと、7日2日をタコの日に制定しています。夏至の日から数えて11日目ごろにあたるこの日は、暦の上で半夏生(はんげしょう)。昔は田植えの労をねぎらい、稲がしっかり根付くようにとの願いを込めてタコを食べる習慣がありました。タコの日は明石市内の飲食店ではタコを使ったメニューが並び、小学校の給食でもタコ料理が出るそう。口いっぱいに広がる磯の風味を噛みしめると、豊かな海の恵みに感謝せずにはいられません。

【コラム】さんまは獲れないのに名物?

瀬戸内海は恵まれた漁場でほとんどの魚が獲れますが、さんまは水揚げされません。けれどもなぜか、明石はさんまの開きの出荷量が日本一なのです。実は明石は昔からイワシなどの加工に優れた技術を持っていました。その技がさんまにも応用されたのだそうです。まさか、はるか遠くの海域で獲れたさんまが明石の開き加工場へと流れ、全国各地で販売されていたとは。ちなみに、地元の人はさんまの開きのことをサイラと呼び、街の隠れた名物となっています。

(つづく)

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ