トップ > 食育特集 > File.27(1)

特集メインタイトル

小さな1粒に計り知れないパワーが宿るごま。食用だけでなくサプリメントや化粧品などにも広く用いられています。私たちが何気なく食べているごまは、どのような道のりをたどり食卓に届いているのでしょうか。大阪にある老舗ごまメーカーで聞きました。

和田萬商店

大阪府大阪市北区菅原町9-5 06-6364-4387
1883年創業のごまの老舗メーカー。国産ごまの取り扱いシェアではナンバーワンを誇る。初代・和田萬次郎氏が乾物問屋として看板を掲げ、三代目の和田栄三氏が洗いごまの販売を開始。1990年より家庭用小袋の販売に着手し販路を広げる。2002年には加工工場を八尾市へと移転。新製品の開発に力を注ぎながら、新規ごま農家の開拓や栽培指導も行う。看板商品である金ごまを中心に、アイテムは約100種類。ごまを使った健康食品やコスメへの応用にも取り組んでいる。

小さな粒は栄養の宝庫

ごまには、黒、白、金がありますが、外皮の色が違うだけで栄養面では大きな差はありません。

日本では精進料理にも使われてきたごま。世界三大美女の一人であるクレオパトラも美と健康のためにごまを食べ、ごま油を美容液として使っていたとか。古代から人々の注目を集めてきたごまは、皿の中で主役となるほどの華やかさはありませんが、弾ける食感と豊かな香りが、どんな食材とも相性抜群の名脇役。茹でた野菜と和えたり麺類の薬味として添えたりと、ひとさじで味の幅を広げてくれます。栄養面においても大変優秀。ミネラルやタンパク質、鉄分など豊富な栄養素を含み、特にカルシウムは100g中に1200mgと、なんと牛乳の約11倍にもなります。近年話題になっている成分といえばゴマリグナン。100g中に1%程度しか含まれていませんが、抗酸化作用があると脚光を浴び、研究が進められています。

日本の自給率は0.1%

ごまの収穫は秋。小さかったごま粒が植えてから5ヵ月ほどで目を見張るような成長を遂げています。

日本は世界第2位のごまの輸入国であり、年間に16万トンを消費するごま好き大国。最近はお菓子やドレッシングなど、ごまを使った加工食品もよく見かけるようになりました。私たちの食生活にとても身近な食材であるにもかかわらず、国内産のものに目を向けると量は激減。自給率はわずか0.1%の160トンほどしかありません。

昔は田んぼの畦道などで自家栽培されていましたが、時代の流れとともに姿を消してしまった結果がこの数字。99.9%を輸入に頼らざるを得ないのが現状です。「ここ2、3年で国内ごまの生産量はさらに少なくなり50トンほど。気候変動による豪雨や大型の台風が続いたことなどが大きく影響しているのだろうと思います。収穫量が減った分、希少価値もさらに高まり、外国産のものと比べると価格は10倍にまで高騰しています」と、近年のごま事情を語るのは、和田萬商店専務取締役の和田武大さんです。和田萬商店は大阪に本社を置くごまのメーカー。創業133年を迎えた老舗であり、国産ごまの取り扱いシェアではナンバーワンを誇ります。

クオリティを守る努力

この日訪れたのは、八尾市にある自社工場。工場の中にある倉庫では、国内外から仕入れたごまが袋に入り天井高くまで積み上げられています。庫内は常に20度以下に設定され、虫が発生しないよう厳重に管理。袋に目をやると、ナイジェリア、ミャンマー、エチオピア、ボリビアなど、それぞれのごまの生まれた地がマーカーで記されています。ごまの生育には高温多雨が適地。収穫や選別は機械化できず人手が必要なため、人件費の安い発展途上国が栽培の中心です。「白ごまは主にアフリカや中南米、黒ごまはミャンマーと東南アジアから、中東、トルコ、エジプトなどからは金ごまを輸入しています。なかでもトルコ産の金ごまは良質。香りが濃厚で味にコクがあり、当社の看板商品です」。和田萬商店では単一産地からの輸入を心がけ、海外の産地にも毎年足を運び、生産者と交流を行っています。外国産のものは味にムラが出やすいという欠点も、ブレンドすることにより均一化。こうしてクオリティを保っているからこそ、平均値の高い商品を消費者に届けることができると和田さんは言います。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ