トップ > 食育特集 > File.17(4)

特集メインタイトル

のりの可能性を追求して

自然派スキンケア「HADA」はのりから抽出した天然保湿成分ポルフィランを配合。肌にやさしく心地良い使用感です。

鍵庄では、のりの可能性を広げる活動にも積極的です。1つは美容分野への取り組み。豊富な栄養成分を活用したスキンケア商品の技術開発に力を注いでいます。同社が着目したのは、のりに含まれている天然保湿成分ポルフィラン。創業から25年ほど経ったころに研究職の人材を思い切って採用し、のりからこの成分を抽出することに成功。自然派スキンケア商品「HADA」が誕生しました。ふっくらとハリのあるみずみずしい肌へと導いてくれると好評で、最近ではエステサロンなどでも取り扱われるなど、少しずつ脚光を浴びるようになりました。ポルフィランは、本来なら値段が付かず処分されてしまう色落ちのりからでも同様に抽出できることから、資源の活用という点でも、今後のさらなる展開に期待が寄せられています。

工場の横には直売所を併設。直売所でしか購入できない商品もあり、お客さんが途切れることなく来店していました。

そして、もう1つがパウダーのりの発案。もともとは「たっぷりミネラルを含んだのりを離乳食にも使ってもらいたい」という社長の声がきっかけだったそうです。既存の商品は赤ちゃんには食べにくく、のりの細胞壁が消化吸収の妨げになるというのが難点でした。そこで試行錯誤を重ねた結果、たどり着いたのがのりをパウダー状にするという方法。粒子を細かくすることで身体への吸収を促し、料理にも手軽に利用しやすくしました。パウダーのりは、思いがけず自社商品の拡大にも大きく貢献。そばやそうめんに練り込んだり、かりんとうやソフトクリームといったお菓子に加えたり、タブレットタイプの健康補助食品にも応用されています。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ