トップ > 食育特集 > File.04(1)

特集メインタイトル

スーパーでは「安全でおいしい」をうたった野菜たちが誇らしげに並ぶ昨今。有機栽培と記されたパッケージに目が留まる機会も増えました。何気なく口にする有機野菜たちは、どのように育ち店頭を飾るのか。ある有機農家を訪ねました。

五島農園

兵庫県神戸市西区玉津町二ツ屋(第4圃場)
兵庫県神戸市西区櫨谷町(第1,2,5,6,7圃場)
http://gotland-kobe.jimdo.com
2006年から有機栽培(JAS基準に基づく)による野菜づくりを開始。知人から借り受けた12aの畑を夫婦で耕すところからスタートし、今では91aもの農地を管理している。化学肥料、除草剤、化学合成農薬は一切使用しないことが基本。健やかに作物が育つ土づくりにも尽力しながら、20種類の野菜と米を栽培する。現在はそごう神戸店、西神そごうを始め、東京のデパートにも販路を拡大。品質の良さから、多くの消費者たちに支持を得ている。また、就農を希望する研修生も受け入れ、指導を行う認定農家でもある。

消費者が魅力を感じる唯一無二の有機野菜を

取材にうかがった8月中旬は、
夏野菜がそろそろ収穫を終える時期

近年、急速なブランド化が進む有機野菜。
けっして安価とは言えないものの、安心できる確かな栽培方法と味の良さから、買い求める人が増えています。

神戸市西区にある五島農園は、9年前から有機野菜の栽培に取り組み始めました。現在は兵庫県内や東京の有名デパート、自然食を扱うスーパーに出荷し、評判も上々。今では指名買いするお客さんもいるほど信頼を集めています。

雲間に日差しが照り付ける夏の盛り、圃場を訪ねました。区内の北と南に分かれて6か所あり、総面積は91a(9100m²)。その広い農地を五島さん夫婦と常勤研修生1人、不定期の研修生数名で管理しています。
「夏野菜の収穫は毎日やし、追肥や潅水、除草に追われるから休めないんだよ」と、日焼けした顔に汗がにじむ五島隆久さん。多忙ながら、その表情からは充実した毎日がうかがえます。野菜は鮮度が命と、一つ一つ大切に摘み取った後は手作業で袋詰め。かごの中で出荷の時を待つピーマンやオクラ、キュウリは艶やかに光り、みずみずしさを湛えています。
「もう収穫は終わりやけど食べてみて」ともぎ取ってもらったミニトマト。その濃厚な甘さに、思わず笑みがこぼれました。

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ