トップ > 食育健康レシピ > 鶏肉のふきのとう味噌

鶏肉のふきのとう味噌 
あっさりしたグリル焼きの鶏に春の香りをのせて
難易度:★★   [材料/4人分]
鶏肉のふきのとう味噌
鶏むね肉(皮付き)・・・・530g
酒・・・・大さじ3
おろしショウガ・・・・小さじ1/2

[フキノトウ味噌]
フキノトウ・・・・50g
田舎味噌・・・・50g
ミリン・・・・大さじ2
(塩分量1.7g)
[調理ステップ]
鶏肉のふきのとう味噌
  1. 鶏肉は、身が縮むのを防ぐために、皮目からフォークで数ヶ所つき刺す。酒とおろしショウガをまぶしてしっかりなじませ、出来れば半日ほど冷蔵庫で寝かせておく。
  2. フキノトウは汚れを落とし、沸騰した湯に入れて軽く湯がいてあく抜きをする。水気を切ってから、粗めのみじん切りにする。
  3. フキノトウ味噌を作る。片手鍋に、田舎味噌とミリンを加え弱火にかけ、木ベラなどで混ぜる。均等になったらフキノトウを加え混ぜ合わせ、味噌がぽってりとしてきたら、火を止める。
  4. (1)の鶏肉は冷蔵庫から取り出し、常温に戻してから調理する。魚焼きグリルを予熱しておき、皮面から先に強火で焼く。ほんのりと茶色くこげ色が付けば裏返し、中火~弱火に火力を落として、中まで火を通す。
  5. 鶏肉に火が通れば取り出し、食べやすい大きさに切って、大皿に盛り付ける。上からフキノトウ味噌をかけて、出来あがり。
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ