トップ > 食育健康レシピ > 白味噌仕立ての減塩みそ汁

白味噌仕立ての減塩みそ汁 
濃い目のだしと玉葱の甘みが塩分控えめのコツ
難易度:★★   [材料/4人分]
白味噌仕立ての減塩みそ汁
タマネギ・・・・90g
うす揚げ・・・・1枚(80g)
キヌサヤ・・・・20g
だし汁・・・・720cc
白味噌・・・・大さじ2

[だし汁]
昆布・・・・ハガキ大1枚
かつお節・・・・16g
水・・・・800cc
(塩分量1.1g)
[調理ステップ]
白味噌仕立ての減塩みそ汁
  1. だし汁を作る。昆布を水に入れて、冷蔵庫で一晩おく。これを昆布ごと鍋に移し、火にかける。
  2. 沸騰直前に昆布を取り出し、さし水(25cc、分量外)をしてから、かつお節を加える。再び沸騰し、かつお節が浮き上がってきたら火を止める。
  3. かつお節が沈むのをしばらく待ってから、さらし布でこす。だしガラはしぼると、にごりや雑味の原因になるので、自然に落ちる分だけを使います。ここから720ccをとっておく。
  4. タマネギは5mm厚のくし型切りにする。うす揚げは、横に2等分して細切りにする。キヌサヤはスジを取り、斜め切りにする。
  5. 鍋に、(3)で取っておいただし汁とタマネギを入れ、火にかける。
  6. タマネギが透きとおってきたら、うす揚げを入れ、沸騰してきたらキヌサヤを加えて、白味噌を溶かし入れる。汁碗に4等分して盛り付ける。
    ※だし汁は濃い目にとっています。720ccより多めに出来るので、他の料理にも活用してください。
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ