トップ > 食育健康レシピ > 凍り豆腐の精進丼

凍り豆腐の精進丼 
動物性食品を使わず作るどんぶりです
難易度:★★   [材料/4人分]
凍り豆腐の精進丼
ご飯・・・・丼鉢4膳分
木綿豆腐・・・・1丁
小松菜・・・・100g
干しシイタケ・・・・2枚
干しシイタケの戻し汁・・・・100cc
キクラゲ(乾燥)・・・・1~2枚

しょう油・・・・大さじ2.5
砂糖・・・・大さじ1
ゴマ油・・・・小さじ1
ミョウガ・・・・1/2個
(塩分量1.6g)
[調理ステップ]
凍り豆腐の精進丼
  1. 木綿豆腐は、作る前日にパックのまま冷凍庫に入れて凍らせておき、使う前に解凍しておく。干しシイタケとキクラゲは別々の容器に入れ、水に浸けて戻しておく。
  2. 解凍した木綿豆腐は半分に切り、それぞれを8等分に切って、崩さないよう軽く水気をしぼってザルにとっておく。
  3. 小松菜は1cm幅のザク切りにする。戻したシイタケとキクラゲは、少し小さめの食べやすい大きさに切っておく。干しシイタケの戻し汁100ccをとっておく。ミョウガは千切りにする。
  4. 平底の鍋に、しょう油と砂糖、干しシイタケの戻し汁を加え、(2)の豆腐を並べ、(3)のシイタケとキクラゲを入れたら落し蓋をして、中火の弱火にかける。
  5. 3~4分煮て味をなじませたら、落し蓋を取って、水分が少し残る程度までゆっくりと味を含ませるるように煮る。
  6. (5)の工程の間に、熱したフライパンにゴマ油をひき、小松菜をさっと色よく炒める。
  7. 丼鉢にご飯をよそい、小松菜をのせ、中央に(5)を1/4量ずつ盛り付け、ミョウガを天盛りにする。
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ