トップ > 食育健康レシピ > タケノコとキクラゲの梅肉揚げびたし

タケノコとキクラゲの梅肉揚げびたし 
色よく素揚げにした野菜を梅風味の漬け汁に浸して
難易度:★★★   [材料/4人分]
タケノコとキクラゲの梅肉揚げびたし
タケノコ(ゆで)・・・・200g
キクラゲ(乾燥)・・・・15g
キュウリ・・・・100g
赤ピーマン・・・・60g
ネギ・・・・50g
梅干・・・・大2個(30g)

だし汁・・・・150g
しょう油・・・・大さじ1
ミリン・・・・大さじ3
揚げ油・・・・適量
(塩分量1.8g)
[調理ステップ]
タケノコとキクラゲの梅肉揚げびたし
  1. キクラゲは水で戻してからさっと湯通しし、食べやすい大きさに手でちぎっておく。
  2. キュウリは縦に半分に切り、スプーンで種をとる。4cmの長さに切り、縦に2~3等分に切る。
  3. タケノコは4cm長さに切ってから、縦5mm厚に等分する。赤ピーマンも他の具材に合わせて、4cmの長さに切る。ネギは2cm幅の斜め切りににする。
  4. 梅干は種を取り除き、果肉を包丁でたたいて、ペースト状にする。
  5. 鍋に、だし汁と(4)、しょう油、ミリンを入れて、ひと煮立ちさせる。
  6. フライパンに、底から1.5cmほど油を注ぎ、弱火~中火にかける。キッチンペーパーなどでしっかり水気をふき取った(3)を、タケノコ、キュウリ、赤ピーマン、ネギを順番に入れ、素揚げにする。揚がったものからキッチンペーパーに乗せて油きりをする。
  7. (6)が温かいうちに、温めた(5)に漬け、(1)のキクラゲも加える。漬け汁も野菜も熱々のうちに合わせるのがポイントです。よく絡ませたら、4等分して器に盛り付ける。
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ