トップ > 食育訪問 >純喫茶アメリカン

メインタイトル

素朴なルックスに秘められたポテンシャルの高さ。口に運ぶたび幸せな気分にしてくれるメニューが多い「純喫茶アメリカン」。創業70年を超えてなお愛される理由は、しつらえ、味、サービスに宿る「一流」にありました。

凝った照明や高価な調度品で彩られたフロア。昔からお見合いの場に利用されることも多いのだとか。「シャンデリアのキラキラした装飾は年に1度つり替えて手入れを行っています」と山野さん。隅々まで磨き上げた店内は過ごしていて心地良い空間。

昭和モダンに秘めたこだわり

大阪ミナミの繁華街で老舗喫茶店といえば、皆が口をそろえる「純喫茶アメリカン」。昭和から続くクラシカルで重厚な店構えは、居酒屋やドラッグストアが立ち並ぶ通りで異彩を放っています。

1階と2階に分かれるフロアは奥行きがあり、席数は245席。10人が一緒に座れる団体席を備えていることも珍しいでしょう。入口を抜けるとまず目を見張るのが、吹き抜けに吊るされたまばゆいばかりのシャンデリア。2階へとつながるらせん階段の壁には数メートル級の立派な彫刻も飾られています。ゴージャスな調度品の数々は特別にあつらえたもの。店には創業者である祖父の思い入れが強く残っていると、三代目を受け継ぐ取締役の山野陸子さんはいいます。

「祖父は本物主義な人でしたから、イスやじゅうたん、壁に至るまでオーダー。装飾品はすべて一流を好みました。食器も日本が誇る陶器メーカーの大倉陶園とノリタケでそろえています。壊れると部品はなかなか見つからないし、修理業者を探すのも大変ですよ」(笑)。

この他にも、ウエイトレスの制服は季節を意識した正装が基本、店内の花はすべて生花でなければならないなど、お客さんのくつろぎと店の品格に重きを置いたルールは多々。こだわりはもちろん味にも及んでいます。

道行く人が思わず足を止めて見入っていたのが店前にあるガラスのショーケース。繊細な味わいのホットケーキとコク深いコーヒーはベストマッチ。どちらもアツアツのうちに召し上がれ。

食べる人を想うやさしいホットケーキ

店前に並ぶ華やかなメニューサンプルを眺めていると、あれもこれもと目移りしますが、やはりここは初志貫徹。一番人気のホットケーキをオーダー。間もなく目の前にサーブされた一皿はふっくらと小ぶりな2段重ね。「食べやすさも味のうち」と6等分にカットされ、丁寧にバターが塗ってあります。「アツアツのうちにどうぞ」と促され、フォークを入刀。たっぷりと空気を含んだ生地は、持ち上げるとほろりと崩れてしまいそうなほどふわふわで繊細。バターがじゅわっと口の中で広がり、ほんのり優しい甘さに笑みがこぼれます。

「うちのホットケーキは市販のミックス粉を使いません。数種類の小麦粉を店でブレンドして、専用の銅板で焼き上げます。添え付けのシロップも特製。メイプルシロップやと強すぎてホットケーキが負けてしまうんで、高級和食店などで甘味を出すのに使われている蜜をベースに手作りしてます」。

どっしりと深みのある自家焙煎コーヒーとのバランスが良く、軽い口どけであっという間に完食。シンプルでありながら極上の“口福”をもたらしてくれます。

メニュー表や紙ナプキン、コースターなどは星が施されモダンなデザイン。メニューはお客さんの要望で徐々に増えていったそう。それぞれの味にファンがついていて足繁く通う人も多くいます。

唯一無二を提供し続けたい

創業当初から続くモットーは、「一番いい材料を使って手間がかかってもできる限り一から手作りすること」と山野さん。

「オムライスに使うケチャップソースにしても、フラッペのシロップにしてもそう。みつ豆のかんてんだってカステラみたいな大きさに作ったものを1㎝角に切り、あんこも大納言を仕入れて銅鍋で炊いてます。昔は何もなかったんで一から作らないと仕方がなかったんですよ。単にそのやり方を今も続けているだけ。仕込みには時間がかかります。でもいい材料で手間をかけて作るとやっぱりおいしいし、オリジナルの味になるでしょ。空間もサービスについても同じ。うちにしかない特別感を大事にしていきたいですね。品のある装いのウエイトレスやウエイターにきちんと接客してもらったほうが、お客さんも豊かな気分になれるんじゃないかと思うんです」。

今年で創業71年。街も行き交う人々もどんどん変わっていくなかで、変わらずあり続けることは難しいとこぼす山野さん。世代を超えて支えてくれる常連客の「変わらんとってね」「ずっとがんばってね」の声が何よりの励みだとしみじみ語ります。「喫茶店は時代に押されて消えつつあるけど、うちみたいな特徴のある店くらいがんばっていかんとね。商売一筋でやってきた祖父母や父母のこだわりを大事に守りながら、そやねぇ、100年続けていけたらいいかな」。

純喫茶アメリカンのおすすめ

ホットケーキ

蓋付きの椀を開けるとふわりと立ち上る出汁と海苔の香り。上品な味わいに箸が進みます。たっぷりと盛られていて食べ応えも十分

コーヒー

コーヒー豆は店舗ビルの5階にある焙煎場から厨房まで最短直送。深煎りで焙煎したてのフレッシュな味わいが人気

プリン

手作り無添加の焼きプリン。店内で食べて気に入り、お土産にする観光客も多いそう。フタには店のロゴマークである星印がキラリ

DATA:

純喫茶アメリカン

大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-4

TEL 06-6211-2100

月3回木曜不定休

営業時間 9:00~23:00(L.O 22:45)、火曜9:00~22:30(L.O 22:15)

 

純喫茶アメリカン からのメッセージ

ここでしか食べられないオリジナルあふれる魅力的な味を提供しています。カツサンドやイタリアンなどの軽食もそろえ、メニューによっては大盛りにもお応えしています。お気軽にご来店ください。

【取材レポート】

今では大阪のちょっとした名所にもなっている純喫茶アメリカン。長い歴史の中でお客さんとの間に生まれたストーリーも数知れず。「うちの店で若いころに見合いをして、ご夫婦になられて、子どもさんやお孫さんと一緒にまた来店してくださる人も多いんですよ」「予約をできるようにしているんですが、帰られるときに半年先の予約を入れてくださる常連さんもいてくださいます」など、山野さんからは時にほっこり、時にくすっと笑えるようなほのぼのとしたお話をたっぷりとうかがうことができました。

 

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ