トップ > まめ知識 > 水分補給にアルコールは禁物?

水分補給にアルコールは禁物?

 

m_430厳しい暑さの続く夏は、冷たいビールでカラカラのノドを潤すのが楽しみ、という方が多いのかもしれませんね。

 

しかしビールに限りませんが、アルコールには利尿作用があるため、水分を取ったつもりでも、逆に排出することになり、脱水症状に陥ることがあります。頭痛や吐き気などで気分が悪くなったり、ひどい場合は意識が混濁するといった、アルコール酔いにも似た症状が起こりやすいので、注意が必要です。

 

特に激しい運動後の飲酒は、大変危険です。熱中症対策にも水分は不可欠ですし、もちろん急性アルコール中毒の危険性も高まるので、水分補給目的でアルコールを摂取することは、控えましょう。飲酒時ほど、アルコールの含まれない水分を、しっかり補給することが大切です。

また、二日酔いでノドの渇きを感じるのも、アルコールの利尿作用により、脱水症状を起こしていることが原因です。二日酔い対策としても、水分をとるよう心がけましょう。

 

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ