トップ > まめ知識 > 食料自給率とは?

食料自給率とは?

 

m_433食料自給率は、その国で消費される食料が、どの程度自国で生産されているかを表す指標です。一般に日本では、カロリーベースの食料自給率が使われています。国民1人1日あたりの、国産の食料でまかなわれているカロリー(熱量、エネルギー)を、供給されているカロリーで割り、示した値です。

しかし、これだけでは、需給動向がわかりにくいので、生産額ベースや品目別(重量ベース)など、いくつかの指標を元に、国内における食料の自給状況が示されます。

 

日本の食料自給率は年々低下を続け、平成18年では39%(カロリーベース)と、際だって低い値が示されていることから、日本は食料の多くを、輸入に頼っていることがわかります。

 

自給率低下の原因として、食生活が変化したこと、自給率の高いコメの消費量減少などがあげられます。自給率向上にむけて、地元の産物や伝統食を見直す、地域ぐるみでの食育活動など、各地で様々な取り組みがなされています。国土の狭い日本において、自給率を上げるのはたやすいことではありませんが、食品の購入時に原産国の表示をみてみるなど、一人の消費者として、食料自給率を意識してみてはいかがでしょうか。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ