トップ > まめ知識 > コーンフレークとシリアルの違い?

コーンフレークとシリアルの違い?

 

m_436シリアル(cereal)とは、穀物を加工したものの総称で、トウモロコシ、麦、米、などから作られます。

主に朝食などで、牛乳をかけてそのままいただきますが、エンバクを精白して加工したオートミールや、トウモロコシを挽いたコーングリッツなど、加熱調理してから食べるものもあります。コーンフレークもシリアルの一種で、粗く砕いたトウモロコシを調味、加熱して、ローラーで平らに伸ばして形作り、焼き上げたものです。

 

シリアルはフレーク状の他にも、加熱して膨らませたパフ状やクッキー状のもの、穀物の形を残し、加圧、焙煎などで仕上げたものなど、様々な形状があります。また数種類のシリアルを混ぜ合わせたり、ココアやハチミツで味付けしたもの、ドライフルーツやナッツをプラスしたもの、シリアルバーといった棒状に固めたものもあり、栄養バランスを考えてブレンドしたり、目的にあわせて栄養成分を強化したものなど、そのバリエーションは豊富にあります。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ