トップ > まめ知識 > 半夏生とタコの関係?

半夏生とタコの関係?

 

m_507半夏生(はんげしょう)とは雑節の一つで、夏至から数えて11日目にあたる7月2日頃のこと。

呼び名の由来には、漢方薬に使われる半夏(サトイモ科のカラスビシャク)が生える頃だからという説があります。またドクダミ科のハンゲショウという植物は、この時期に花が咲くことから名付けられたという説もあります。

 

7月上旬といえば、梅雨も後半となる頃です。農作物を育てる上でひとつの目安となる時期であるため、各地では様々な行事や習慣があります。

そのひとつに、関西では豊作を祈ってタコを食べる習慣があります。これは、作物がタコの足のように、大地にしっかりと根を張ることを祈願するといった意味が込められているそうです。

 

タコには、アミノ酸の一種であるタウリンが豊富に含まれています。蒸し暑さが強まり疲労が増してくるこの季節にタコを食べるのは、栄養面からみても理にかなっているといえそうですね。

★ タウリンを豊富に含んだ  栄養ドリンク (←おすすめです) もこの時期には良いかもですね。

また讃岐地方では、半夏生にうどんを食べる習慣があるのだとか。7月2日は「タコの日」「うどんの日」とされているのは、半夏生に関連してのことだったんですね。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ