トップ > まめ知識 > フェアトレードってどういうこと?

フェアトレードってどういうこと?

 

m_448先進国で安価な商品を使うために、アジア・アフリカ・中南米の途上国と言われる地域の生産者が、低賃金や過酷な労働を強いられている現状があります。

これに対し、途上国の生産者に、安定した仕事や技術を提供し、公正な対価で取引をする貿易のことを、フェアトレード(公正な貿易)または、オルタナティブ・トレード(もう一つの貿易)といいます。途上国の人々の生活を支援するために結ばれる、貿易のパートナーシップ、といったところでしょうか。

 

また、フェアトレードは、環境に優しい栽培方法や、天然原料の使用を推奨することで、貿易に伴う環境問題の配慮もなされているそうです。

 

フェアトレードの主な製品には、コーヒー豆、紅茶、チョコレート、バナナ、ワインといった食品から、手工芸品、衣料品などがあります。現在では、この考えに賛同する企業の参入も増え、フェアトレードの商品として、実際に目にする機会も多くなっています。

 

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ