トップ > まめ知識 > 魚介類の数え方あれこれ

魚介類の数え方あれこれ

 

m_170魚介類の数え方は、色々あって難しいですね。でもこの呼び方も、ちゃんと区別されているのです。

 

一般に、尾びれのついた魚を○尾や○匹、マグロカツオなどの大きい魚は○本、鯉は○折(オリ)、白魚やサヨリなど繊細な魚は○条(ジョウ)や○筋(スジ)といい、20条で1樗蒲(チョボ)になります。

 

軟体のイカやタコは○杯(ハイ)。哺乳類のクジラやイルカは○頭(トウ)、貝類は○貝(バイ)と言います。

今では使われなくなってきた数え方もありますが、知っておくと便利かもしれませんね。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ