トップ > まめ知識 > コーヒーとベトナムの関係?

コーヒーとベトナムの関係?

 

m_148最近のカフェブームで、ベトナム風コーヒーを置く店も増えてきましたね。ガラスのコップやコーヒーカップに小さな専用フィルターを乗せ、細挽きの深炒り豆を詰めて湯を注ぎ、1回ずつ濾して作るのがベトナム式。練乳を入れて甘くするのもベトナムならではの飲み方です。

熱い気候と冷蔵庫などの充分な保存設備が無いため、クリームを入れるフランス風の飲み方の代わりに、練乳を使うスタイルが生み出されたようです。

 

またどこへ行ってもカフェがあるのも、フランス統治下の名残の一つです。意外と思われるかもしれませんが、ベトナムはコーヒーの産出国のひとつで、その歴史は古く、コーヒー豆の栽培はフランス統治時代からスタートしました。

 

コーヒー豆の生産国は世界でも60カ国以上もありますが、ベトナムで作られたコーヒー豆は日本をはじめ世界中に輸出されているので、知らずにベトナム産コーヒーを飲んでいるかもしれないですね。

 

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ