トップ > まめ知識 > カフェインで脂肪が燃えるって本当?

カフェインで脂肪が燃えるって本当?

 

m_138コーヒーやお茶などに含まれるカフェインには、さまざまな効果が期待されていますが、その中に、脂肪の燃焼を促進させる効果もあるってご存知でしたか?

 

カフェインが交感神経を刺激して、体内に蓄積された脂肪を分解し、分解された脂肪酸が血中に送り込まれることで、エネルギーとして使われるんだそうです。でもそのエネルギーを運動などで消費しないことには、再び元の脂肪へと逆戻りなので、コーヒーやお茶を飲んだだけではダイエットにならないのです。

 

この効果を得るには、運動する20~30分前にカフェインを摂るのが最適だとか。でも糖分を一緒に摂ると、その効果を阻害してしまうので、砂糖は加えずにどうぞ。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ