トップ > まめ知識 > しもやけには唐辛子がいいって本当?

しもやけには唐辛子がいいって本当?

 

m_119足先の冷えやしもやけには「靴の中に布で包んだ唐辛子を入れるとよい」と聞いた事はありませんか?

 

唐辛子は食べると「辛い!」と感じますが、これは唐辛子に含まれるカプサイシンの刺激によって起こる痛み。味覚ではなく、本当は痛覚で感じるものなのです。この刺激により代謝が促進され、血流がよくなり、体が熱くなってきます。これは肌に唐辛子が触れることでも感じることができ、やはりぽかぽかとあたたかくなってきます。入浴剤などで唐辛子が配合された物も、同じような効果を狙ったものでしょう。

 

唐辛子は内からも外からでも作用するんですね。でも肌が弱い人や傷のある方は、かなりの刺激になるので注意が必要です。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ