トップ > まめ知識 > 卵の黄身の色、味と栄養価に関係あるの?

卵の黄身の色、味と栄養価に関係あるの?

 

m_099の黄身の色が濃いと、味が濃厚で栄養価が高そうに思われがち。でも色は直接、味や栄養価には関係なくて、飼料に含まれる色素によって、黄身の色は変わります。

 

例えばトウモロコシなどは、黄色みが強くなり、パプリカやキノコなどを与えると、赤みが強くなります。最近は、ヨウ素やビタミン類、DHAなど、与える飼料や育て方によって栄養を強化した特殊な卵が多く販売されていますが、栄養価が高いから黄身の色が濃いとは一概にいえないのです。

 

ちなみに、卵のカラの色が違うのは鶏の種類の違いによるものなので、赤玉だから栄養価が高いというわけではありません。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ