トップ > まめ知識 > レンコンの穴はなぜ開いている?

レンコンの穴はなぜ開いている?

 

m_201レンコンは、ハスの地下茎が肥大化したもので、10個前後の穴が開いていますが、この穴にもちゃんと役割があります。

 

レンコンが育つのは、粘土質な土壌で湿地帯のところ、つまりドロの中です。植物も成長のためには空気はかかせませんが、レンコンが好む環境では泥の中まで空気を取り入れることは困難です。

このような環境下でも空気を取り入れるため、レンコンの穴はすべて地上に出ている花や葉、茎につながっていて、通気孔の役割をしているんだそうです。

 

食育大事典facebookページ
ページのTOPへ