トップ > まめ知識 > イチゴの種の本当の場所?

イチゴの種の本当の場所?

 

m_202ふつうイチゴといえば、赤い果実の表面についているツブツブが種だと思われがちです。でも本当は、この種にみえるものが”痩果”(そうか)と呼ばれる果実にあたるんだそうです。

 

では、種はどこにあるのかといえば、果実の中。この固い実の中に、しっかり種があるんだそうです。

 

そして、実と思われている赤い部分は、”花托”(かたく)と呼ばれ、いわばクッションのような役割を持っています。痩果の数が多いほど、花托も大きく育つんだそうです。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ