トップ > まめ知識 > 甘酒は夏の飲み物だった?

甘酒は夏の飲み物だった?

 

m_234凍える冬に、温かい甘酒は嬉しいですね。でも甘酒は、俳句でいう夏の季語にあたります。

 

江戸時代には夏でも、天秤棒を担いだ甘酒売りが行き交ったのだとか。冷房も冷蔵庫もないこの時代は、食物の保存もしにくく、暑さに消耗して疾病にかかりやすいなど、夏場の死亡率が高かったと言われます。

そこで、夏を乗り切るための栄養補給として、甘酒が飲まれていたそうなのです。

実際、麹と米から作られる甘酒には、良質のアミノ酸やブドウ糖などが多く含まれるので、理にかなった飲み物といえます。

 

暑い夏は夏バテ予防に、ひんやり冷やした甘酒はいかがでしょう?また冷房で冷え切った体には、温めた甘酒にショウガをきかせてどうぞ。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ