トップ > まめ知識 > オイルサーディンとアンチョビの違い?

オイルサーディンとアンチョビの違い?

 

m_522オイルサーディンとアンチョビは、どちらも魚の保存食ですが、簡単にいうとオイルサーディンは「調理済みの油漬け」、アンチョビは「塩漬けにして熟成させた油漬け」となります。

 

サーディンとは、マイワシをはじめとした小魚のこと。オイルサーディンは、主にマイワシやウルメイワシを原料とします。作り方は色々とありますが、頭と内臓を取り除いて下処理した魚を植物油、香辛料などと一緒に加熱して漬け込みます。

 

日本で一般的にアンチョビというと、カタクチイワシ(または同じカタクチイワシ科の別種の小魚)を原料にした缶詰やビン詰めのことで、イタリア、スペインなど、地中海や大西洋に面した地域で多く作られています。塩漬けにして頭や中骨をとった小魚を缶やビンに詰め、植物油を注いで密封します。非加熱でも強い塩分によって、長期保存がききます。

 

そのまま食べてもおいしいオイルサーディンに比べ、アンチョビは大変塩辛いものです。トッピングやソースに使ったり、小さく刻んで混ぜ込むなど、風味付けの調味料のようにも使われます。

 

食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ