トップ > まめ知識 > ちらし寿司の日が6月27日なのはなぜ?


【日本の文化】

m_506

ちらし寿司の日が6月27日なのはなぜ?

酢飯に細かく切った具を混ぜ込んだり、色々な具を散らして作る、ちらし寿司。地域によって、ばらずし、ばらちらし、五目すしなどと呼び方が変われば、作り方も色々とあります。 具材を工夫することで、ひな祭...
m_507

半夏生とタコの関係?

半夏生(はんげしょう)とは雑節の一つで、夏至から数えて11日目にあたる7月2日頃のこと。 呼び名の由来には、漢方薬に使われる半夏(サトイモ科のカラスビシャク)が生える頃だからという説があります。...
m_505

和菓子の日の由来?

和菓子の日である6月16日は、嘉祥(かしょう、かじょう)の日です。嘉祥元年である848年の6月16日、この当時に流行した疫病を鎮めるため、任明天皇が神前に菓子を供えて厄除けを祈願したことに由来して...
m_514

初物七十五日とは?

昔から、初物(はつもの)は縁起がよく、食べると寿命が75日延びると言われてきました。 また好んで初物を食べることや、新たな物事にすすんで手を出すことを、初物食いといいます。   初...
7 / 7« 先頭...34567
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ