トップ > まめ知識 > スシはいつから食べられてたの?


【日本の文化】

m_277

スシはいつから食べられてたの?

スシは、稲作と共に中国から伝わったと言われますが、元々は魚を保存するために、塩と米飯を使い、数ヶ月間かけて乳酸発酵させた、いわゆる「なれずし」だったそうです。   室町時代には、漬け...
m_283

土用の丑はウナギだけじゃない?

夏の土用といえば、昔から暑さを乗り切るために精の付く食事をする習慣があります。 現在はウナギを食べる日という印象が強いのですが、丑の”ウ”の付くものや、丑の方角(北)を守護する玄武の色にちなんだ...
m_273

八十八夜と新茶の関係?

八十八夜とは、立春(2月4日頃)から数えて88日目(5月2日頃)にあたる、春から夏への節目となる日です。   お茶の木は生命力が強く、葉を摘んでもまた新たに芽が出てくるので、年3回ほ...
m_303

鏡餅を「切らず」に「開く」ワケ?

鏡餅は、神々にお供えする尊いもの。鏡開きとは、正月の間に神々にお供えした鏡餅を手や木槌を使い小さく割って、雑煮や汁粉などにして食べることで、この一年の無病息災を祈るものです。   鏡...
m_302

おとそってどういうものなの?

おとそ(お屠蘇)は、邪気をはらい長寿を願って飲む新年の祝い酒のこと。屠蘇延命散や屠蘇散といわれる数種類の生薬(漢方薬)を配合し袋につめたものを、酒(みりん・清酒)に浸して成分を抽出した、薬用酒です。屠...
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ