トップ > まめ知識 > おせち料理のルーツと決まりごと?


【日本の文化】

m_110

おせち料理のルーツと決まりごと?

元々おせち料理は、正月など季節の変わり目の五節句の日に、お供えするための祝儀料理だったものが、江戸時代に正月の祝儀料理に限って「おせち」と呼ぶようになっていったと言われています。重箱に詰めるように...
m_221

柏餅を食べるのはなぜ?

柏の由来は古代にまで遡り、当時は食物を包んだり食器として使われた葉を、総称で炊葉(かしぎは)などと呼んでいたそうで、それが”かしわ”に転じ、現在の柏にその名が残ったという説があります。 また柏手...
m_210

節分と巻き寿司の関係?

節分に、関西を中心に行われている”巻き寿司(太巻き)の丸かぶり”。節分の夜に恵方(歳徳神のいる方向。その年の干支によって決められる)に向かって、”福を巻き込む”巻き寿司を、”縁を切らない”よう包丁...
m_209

節分に豆まきするのはなぜ?

節分は本来、季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前日のことですが、立春は1年の初めといった意味合いから、4つの節分の中でも立春前の節分が重要視され、現在のようになったと考えられています。 ...
m_258

ちり鍋の”ちり”の意味は?

ちり鍋(ちり)は、フグやタイ、タラといった魚介類に数種の野菜などを添え、味付けしてない湯で煮て、ポン酢醤油などにつけて頂くあっさりとした鍋料理です。   この”ちり”というのは、沸騰...
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ