トップ > まめ知識 > せんべいとおかき、あられの違い?


【語源と由来】

m_247

せんべいとおかき、あられの違い?

どれも米から作る米菓に属するもの。簡単に分けると、うるち米が原料のせんべい、もち米から作るのがおかきやあられとなります。   せんべいは、米や小麦などを主原料とした焼き菓子のうち干菓...
m_244

お月見はなぜ団子を供えるの?

旧暦8月15日は十五夜です。月見の風習は平安時代に中国から伝わり、貴族の宴だったものが庶民にも広まったのは、江戸時代からだと言われます。その頃に収穫の祭と結びつき、農作物を供えることが定着したよう...
m_236

カマ鉾、カバ焼の語源は同じ?

ウナギは昔、丸のまま(又はぶつ切りで)中央に串を刺し、焼いたそうです。その見た目がガマ(蒲)の穂に似ているところから、蒲焼と呼ぶようになったんだとか。 他にも香ばしく焼くので「こうば焼き」が転じ...
m_232

鰻の蒲焼、背開きと腹開きの違い?

関東流は背開きで、頭を落とし等分に切って竹串を刺し、白焼き、蒸してからつけ焼きします。 一方、関西流は腹から開き、金串を刺してじっくりと焼き上げます。同じ蒲焼でも、関東風は軟らかくあっさりと、関...
m_228

みりんは飲み物だったって本当?

みりんが作られるようになったのは室町時代以降、焼酎が作られるようになってからだといわれています。 もち米と麹、そして焼酎で仕込んで作るのですが、はじめは清酒が使われていたところ、よりアルコール度...
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ