トップ > まめ知識 > 大根役者と大根おろしの深い関係?


【語源と由来】

m_092

大根役者と大根おろしの深い関係?

”大根はたくさん食べても食あたりしない”ということから、あたらない、売れない役者のことを大根役者というようになったのだとか。   実際、こってりした肉や魚料理でも大根おろしを添えると...
m_223

ちまきの由来?

端午の節句や粽(ちまき)は、中国から伝来したもの。ちまきの由来は中国の故事にあり、楚国の詩人屈原(くつげん)の死を供養するためのものだったと言われます。   王の側近であった屈原は、...
m_218

おはぎとぼたもちの違い?

1年に2回、春分と秋分を中心とした前後7日間を彼岸といい、ご先祖様を供養する期間にあたります。 このお彼岸に付き物なのは、邪気を払うといわれる小豆を使った”おはぎ”もしくは”ぼたもち”。萩の花や...
m_067

醍醐味(だいごみ)の語源

「本当のよさ、真の面白さ」といった意味で使われる”醍醐味”。元々は乳製品からきた言葉だったとか。   牛乳を飲むことが大陸から伝えられ、奈良時代には牛乳からヨーグルトに似た酪(らく)...
m_204

年越しそばを食べる理由?

正月の準備を終えた大みそかは、除夜の鐘を聞きながら年越しそばを食べる。日本では定番の行事ですが、その起源やいわれには数多くの説があります。   細く長く、長寿や繁栄を祈る意味が一般的...
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ