トップ > まめ知識 > 夏負けしない、冷たい麺の食べ方?


【料理の知恵】

m_333

夏負けしない、冷たい麺の食べ方?

暑さで食欲が減退気味の時に選びがちな、冷たい麺類。のど越しがよく食べやすいものの、栄養面でみると、少々頼りないかもしれませんね。 特に、体力や抵抗力の維持に不可欠なたんぱく質と、エネルギーを作り...
m_344

適量と適宜、少量と少々の違い?

料理レシピでよく出てくる用語に、適量と適宜、少量と少々などがありますが、上手く使い分けられていますか?   適量というのは、ちょうど良い量を必ず入れること。対して適宜は、必要であれば...
m_342

米の一合、カップだとどれくらい?

5kgや10kg、1kgの少量パックなど、米はキログラム単位で売られていることがほとんどですが、炊飯時には、昔ながらの1合、2合、1升といった単位が用いられてます。   1合分の米は...
m_346

キノコと昆布のうまい関係?

様々な種類があるキノコ類のほとんどには、グアニル酸という旨味成分が含まれています。   グアニル酸は、昆布に含まれる旨味成分であるグルタミン酸と組み合わせることにより、相乗効果を生み...
m_345

かたい肉をやわらかくするには?

細かく脂身の入り込んだ霜降り肉などと違い、スネ肉やモモ肉などの脂肪分が少ない部位は肉質が硬く、やわらかくするには調理に工夫が必要です。   細かく切り目を入れたり叩く事で、肉の繊維を...
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ