トップ > まめ知識 > 茶碗蒸しに「す」が入るのはなぜ?


【料理の知恵】

m_455

茶碗蒸しに「す」が入るのはなぜ?

プリンや茶碗蒸しなど、卵を使った蒸し物料理は、卵のたんぱく質が熱によって固まる性質を利用して作られます。 「す」が立つというのは、均一な中に出来る隙間のこと。これは、卵のたんぱく質が60度ほどで...
m_431

合わせ酢の二杯酢と三杯酢の違い?

合わせ酢は、酢に調味料やだし汁などを混ぜ合わせたもの。二杯酢は、酢としょう油を1:1で合わせ、三杯酢は、酢としょう油にミリンを加え、1:1:1の割合で混ぜ合わせたもので、さかずきを使って1杯ずつ量...
m_147

調理済み食品も一工夫して活用しよう

「家庭で作る食事は愛情たっぷり。でも忙しいし、手間がかかって…」、買ってくるだけで食べられる調理済みの食品は、特に仕事を持つ方やお年寄りに大変重宝されているようです。またデパートの食料品売場がこの...
m_153

おいしい緑茶は温度が大事?

日本茶とひと口に言っても、色んな種類があります。 「どんなお茶も、沸騰したてのお湯でさっといれちゃう」なんてことはありませんか? 甘みやうまみ、渋みのバランスがとれた緑茶をいれるには、お湯の温...
m_163

昆布だしを取る時、沸騰前に昆布を取り出すのはなぜ?

だし汁を作るには、上手に旨味だけを取り出さなくてはなりませんが、昆布には旨味の他に、だし汁の味を落とす成分をいくつか含んでいます。   昆布だしの美味しさの元は、グルタミン酸とマンニ...
1 / 1512345...10...最後 »
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ