トップ > まめ知識 > 缶飲料にアルミ缶とスチール缶があるのはなぜ?


【食について】

m_164

缶飲料にアルミ缶とスチール缶があるのはなぜ?

一般的に、金属がもつ性質によって、使い分けられているようです。   アルミ缶が多く使われているものは、ビールやソーダといった炭酸飲料。冷えやすいアルミは、冷やして飲むものにはうってつ...
m_165

スイカはどうして「西瓜」なの?

スイカは90%近く水分を含み、英語では「ウォーターメロン」と言われています。実際、日本でも江戸時代にスイカのことを「水瓜」と当て字で書いたようです。   現在「西瓜」と書きますが、こ...
m_166

イチジクの花はどこにあるの?

イチジクは漢字で書くと「無花果」。花の無い果物?にみえますが、でもちゃんと花は咲くのです。   イチジクを縦半分に割って断面をみると、一番外側には白い果肉の層があり、中央にいくにつれ...
m_168

そうめんとひやむぎの違い?

そうめん(素麺)とひやむぎ(冷麦)は、小麦から作られる日本の代表的な乾麺。昔ながらの手延べによるものと機械製麺とがあり、JAS(日本農林規格)の乾麺類の分類も、それぞれ太さで分けられます。 &n...
m_169

野菜と果物の違いって何?

 一般に野菜と果物の違いは、植物の生育状態によって分けられ、野菜は一年草のもの、果物は多年草のものとされています。   一年草とは、発芽してから花が咲くまでに要する年月が1年以内のも...
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ