トップ > まめ知識 > 春の山菜、苦味も栄養になる?


【食について】

m_472

春の山菜、苦味も栄養になる?

春は芽吹きの季節。少しずつ寒さがゆるんでくると、春の山菜を色々と目にします。 タラノメやツクシ、フキノトウのほろ苦さ、セリ、ウドの香りなど、これらの山菜には、普段食する野菜とは違う味わいがありま...
m_474

ハルサメにも違いがあるの?

ハルサメは、穀物などのデンプンを水で練り、型から麺状に押し出したものをゆで、乾燥して作ります。 春雨という名称は、中国から日本に入ってきた時に、細長く透明で繊細な見た目を春の雨に見立てて、春雨(...
m_475

米の麺にも色々ある?

米を原料にした麺(ライスヌードル)は、主に中国や東南アジアといった、米作が盛んな地域でよく食べられています。   ビーフンは、中国南部や台湾で作られたものがよく知られています。細い「...
m_477

生春巻の皮は米からできている?

ベトナム料理の中でも人気のある、生春巻き(ゴイクン)。エビや野菜などの具を、半透明の薄い皮で包んだ料理です。   この皮はライスペーパーという名称が示す通り、米から作られています。鍋...
m_476

中華麺に使われるかんすいとは?

ラーメンや焼きソバなどに使われる中華麺は、同じ小麦粉から作られるうどんとは違う味わいがあります。 その大きな違いは、かんすいという添加物が使われていることです。 小麦粉にかんすいを加えてこねる...
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ