トップ > まめ知識 > レンコンの穴はなぜ開いている?


【食について】

m_201

レンコンの穴はなぜ開いている?

レンコンは、ハスの地下茎が肥大化したもので、10個前後の穴が開いていますが、この穴にもちゃんと役割があります。   レンコンが育つのは、粘土質な土壌で湿地帯のところ、つまりドロの中で...
m_081

スプラウトってなあに?

最近よくスーパーなどでも見かけるようになったスプラウト。 カイワレ大根の赤ちゃんのようにも見えますが、これらはすべて植物が種から発芽したばかりの新芽で、栄養価も高いということから最近注目を浴びてい...
m_224

葉っぱにも役割がある?

椿餅や桜餅、柏餅といった和菓子に、正月にかかせないウラジロや弁当などで活躍のバラン、朴や柿、笹の葉で包んだ寿司など、日本には葉を活用したものが数多くあります。 これらは古来、葉を器として使ってい...
m_264

カルボナーラが”炭焼き風”なのはなぜ?

日本でもおなじみのカルボナーラ。ベーコンで旨味をつけたパスタに卵とチーズを絡めてソースに仕上げ、黒コショウをふった料理ですが、この名は「炭焼き風」や「炭焼き職人」と言った意味合いを表します。 &...
m_263

ブロッコリーとカリフラワーの違い?

どちらもキャベツと同じ、アブラナ科の野菜。野生キャベツの花蕾(からい)が肥大したものがブロッコリーとなり、ブロッコリーが突然変異したのち、品種改良されて出来たのがカリフラワーと言われています。 ...
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ