トップ > まめ知識 > 鉄分にも2種類あるのを知っていますか?


【健康と身体】

m_088

鉄分にも2種類あるのを知っていますか?

同じ鉄分でも、肉類や魚類に含まれるヘム鉄と、野菜などに含まれる非ヘム鉄があり、ヘム鉄の方が非ヘム鉄より吸収率がよいと言われています。   貧血気味の人には鉄分は欠かせませんが、レバー...
m_090

納豆は女性の強い味方!

大豆には、女性ホルモン(エストロゲン)によく似た大豆に特有の成分、大豆イソフラボンが含まれていて、以前から更年期障害の緩和に役立つといわれていました。しかし、大豆そのままのかたちでは体に吸収されに...
m_063

新鮮な魚に期待できる健康効果

「魚を食べると頭が良くなる」とよく言われてますが、魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といった不飽和脂肪酸には、コレステロール低下や血圧降下作用、老人性痴呆症の...
m_212

お酒の適量はどのくらい?

基本的なお酒の適量は1日に、日本酒なら1~2合、ビールなら大瓶1~2本、ウイスキーならダブル1~2杯が目安とされています。 もちろんお酒に強い人、弱い人では差がありますが、悪酔いしないためには、...
m_077

夏バテにはそうめんよりもおそばがおすすめ?

暑くて食欲不振な時は、冷たい麺を選ぶ方も多いのでは? 麺にも色々ありますが、小麦粉を原材料とするそうめんなどとそばでは、たんぱく質の性質が大きく違い、そば粉には穀類に少ないリシンやトリプトファン...
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ