トップ > まめ知識 > 新茶をおいしくいただくコツ?


【春】

m_369

新茶をおいしくいただくコツ?

その年の新芽で作る、最初に出回る緑茶を新茶と呼び、二番茶が出始める6月くらいまで、味わえます。   若々しく爽やかな香りと色をもつ新茶。いれ方次第でそのおいしさは変わります。まず水を...
m_377

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、内臓脂肪の蓄積により、様々な病気がひき起こされやすくなる状態のことをいいます。 過剰な脂肪が体内に蓄積すると、糖質代謝異常(糖尿病)、高血圧症、高...
m_402

サワラは春が旬の魚?

日本近海で、真夏を除きほぼ1年中捕れるサワラ。春先になると、産卵のために群をなして瀬戸内海へ入ります。この地域では、サワラは春を代表する魚として知られ、程よい脂のりであっさりとした上品な味わいが特...
m_221

柏餅を食べるのはなぜ?

柏の由来は古代にまで遡り、当時は食物を包んだり食器として使われた葉を、総称で炊葉(かしぎは)などと呼んでいたそうで、それが”かしわ”に転じ、現在の柏にその名が残ったという説があります。 &nbs...
m_410

復活祭に卵があふれる理由?

寒い冬が終わり、緑が芽吹く春の訪れを祝う復活祭(イースター)。 日本ではなじみが薄いですが、クリスマスと並ぶ大切な行事なんだとか。春分から数え、最初の満月の後の日曜日にあたり、数日にわたって盛大...
3 / 512345
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ