トップ > まめ知識 > おはぎとぼたもちの違い?


【春】

m_218

おはぎとぼたもちの違い?

1年に2回、春分と秋分を中心とした前後7日間を彼岸といい、ご先祖様を供養する期間にあたります。 このお彼岸に付き物なのは、邪気を払うといわれる小豆を使った”おはぎ”もしくは”ぼたもち”。萩の花や...
m_202

イチゴの種の本当の場所?

ふつうイチゴといえば、赤い果実の表面についているツブツブが種だと思われがちです。でも本当は、この種にみえるものが”痩果”(そうか)と呼ばれる果実にあたるんだそうです。   では、種は...
m_273

八十八夜と新茶の関係?

八十八夜とは、立春(2月4日頃)から数えて88日目(5月2日頃)にあたる、春から夏への節目となる日です。   お茶の木は生命力が強く、葉を摘んでもまた新たに芽が出てくるので、年3回ほ...
m_038

花粉症をやわらげる食べ物って?

粉症の原因はスギだけではありません。スギ花粉症の人のほとんどは、5月ごろまで花粉が残るヒノキに対してもアレルギー症状がでます。 そのほか、イネ科の雑草カモガヤや、キク科のブタクサにも反応しだすと...
m_317

桜の花や葉の塩漬けはどんな種類の桜なの?

花を見るだけではなく、桜餅や桜湯などの食用にもされる桜。 まず桜の葉の塩漬けは、産毛も少なく柔らかで食べやすい、大島桜の若葉が主に使われます。葉を収穫するために栽培される桜は、一般に見られるよう...
2 / 512345
食育大事典facebookページ
ページのTOPへ