トップ > まめ知識 > 夏こそ食べたい!旬のニガウリ


【夏】

m_237

夏こそ食べたい!旬のニガウリ

沖縄では昔から、ニガウリ(ゴーヤー)を食べると夏負けしないと言われているそうです。   ニガウリには、日焼けやストレスによって体内で消費されやすいビタミンCが豊富で、体内でビタミンA...
m_061

汗をかいたら麦茶で血液をサラサラに!

暑い夏には香ばしくてさっぱりとした麦茶が恋しくなりますが、麦茶にはドロドロになった血液を流れやすくする、つまりサラサラにする効果のあることがわかってきました。 これは、麦茶の原材料である大麦(六...
m_234

甘酒は夏の飲み物だった?

凍える冬に、温かい甘酒は嬉しいですね。でも甘酒は、俳句でいう夏の季語にあたります。   江戸時代には夏でも、天秤棒を担いだ甘酒売りが行き交ったのだとか。冷房も冷蔵庫もないこの時代は、...
m_230

6月30日は水無月を食べる日?

水無月は、葛やういろう等の生地に、小豆を散らして三角形に切った菓子。京都では、6月30日に水無月を食べる慣わしがあります。   「夏越祓(なごしのはらえ)」または「水無月祓(みなづき...
m_229

梅と梅雨は中国から来たの?

梅が中国から日本に持ち込まれたのは、奈良時代以前の事。中国では古くから薬用として用いられていた梅は、日本では観賞用として広まっていたことが「万葉集」などに残された詩からもわかっています。 &nb...
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ