トップ > まめ知識 > そうめんは古い方がいいの?


【夏】

m_167

そうめんは古い方がいいの?

手延べそうめんは、雨が少なく乾燥した寒い冬に作られます。約2日間の工程で作られた後は、保管倉庫で寝かせます。   春を経て梅雨に入ると、高温多湿の気候により発酵を起こし、熟成が深まり...
m_159

果物を冷やすと甘くなるのはなぜ?

果物の甘味は、果糖・ブドウ糖・ショ糖という甘味成分によるもの。中でも一番多く含まれるのは果糖(フルクトース)です。   フルクトースには甘味の強さが異なるα型とβ型があり、β型はα型...
m_165

スイカはどうして「西瓜」なの?

スイカは90%近く水分を含み、英語では「ウォーターメロン」と言われています。実際、日本でも江戸時代にスイカのことを「水瓜」と当て字で書いたようです。   現在「西瓜」と書きますが、こ...
m_168

そうめんとひやむぎの違い?

そうめん(素麺)とひやむぎ(冷麦)は、小麦から作られる日本の代表的な乾麺。昔ながらの手延べによるものと機械製麺とがあり、JAS(日本農林規格)の乾麺類の分類も、それぞれ太さで分けられます。 &n...
m_171

日焼けのお肌にコラーゲン?

 肉や魚の煮つけを煮汁ごと冷やしておくと、プルプルのゼリー状に固まった煮こごりが出来ます。これは肉や魚などの、皮・すじ・内臓・軟骨などの結合組織に含まれるたんぱく質の一種である、コラーゲンが煮汁に...
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ