トップ > まめ知識 > 秋鮭にトキシラズ?サケの違い


【秋】

m_193

秋鮭にトキシラズ?サケの違い

サケには多くの種類がありますが、日本で一般的に出回っているのは、シロザケ。シロザケには漁獲のタイミングで色んな呼び名があります。   川でふ化したサケは、海で4年を過ごし、産卵のため...
m_124

甘柿、渋柿、シブの違いは?

柿の渋の正体はシブオールと呼ばれるタンニンの一種。実は甘柿も渋柿も、渋の量は変わらないそうです。   タンニンには水溶性と不溶性のものがあり、水溶性のタンニンは口に入れると溶け出して...
m_103

栗の上手なむき方?

栗は外側の硬い鬼皮と、内側の薄い渋皮に守られています。加熱によって崩れやすい栗は、料理によってむき方を変えるといいでしょう。   生栗を栗ご飯や甘露煮など、形をいかして調理する場合、...
m_218

おはぎとぼたもちの違い?

1年に2回、春分と秋分を中心とした前後7日間を彼岸といい、ご先祖様を供養する期間にあたります。 このお彼岸に付き物なのは、邪気を払うといわれる小豆を使った”おはぎ”もしくは”ぼたもち”。萩の花や...
m_251

七五三には千歳飴がつきものなのはなぜ?

11月15日は七五三。子供の成長を願い、お宮参りをする日です。その時に付き物なのが、長い紙袋に入った千歳飴です。   千歳飴は、水飴を煮詰めてよく練り、空気を含ませることで白くして、...
2 / 512345
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ