トップ > 食育キーワード > 喘息(ぜんそく)

喘息(ぜんそく) 

気管支が収縮して気道が狭くなり、息が苦しくなるのが、ぜんそくです。発作がおこると、のどが「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」と鳴って息苦しくなり、呼吸困難に陥ったり咳が止まらなくなります。

発作は、夜中や朝方、季節では秋から冬、梅雨など、季節の変わり目や温度差の激しい時、環境の変化によって起こりやすい傾向があります。

 

原因の多くはアレルギーで、ハウスダストや、花粉、大気汚染など、様々なアレルゲン(原因となるもの)が考えられます。自覚症状があるようなら、早めに医師の診断を受けましょう。

 

ぜんそくの発作を起こさないために、日常生活では、アレルゲンを特定し、取り除くと同時に、アレルゲンに接触しないこと、部屋を清潔に保つことを心がけましょう。

また、不規則な生活やストレス、風邪がきっかけで発症したり、悪化することもあります。普段から、規則正しい生活を送ることも大切です。

 

食事は、粘膜を強くするのに効果的な、良質なたんぱく質やビタミン類、特にβ-カロテンを多く含む食品を取り入れるのがおすすめです。

 

[関連するおすすめの食品]
(症状の緩和) しそ(シソ・大葉)油 | 緑茶
[その他:ハーブ、漢方、サプリメント類]
(症状の緩和) ネトル | ユーカリ
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ