トップ > 食育キーワード > めキャベツ

めキャベツ 

EM028_LビタミンCの含有量ナンバーワン。

 

めキャベツはビタミンCを大変多く含んでおり、レモンの約1.5倍、キャベツの3倍以上と、野菜の中でも最大の含有量を誇る優れものです。

4個食べるだけで1日必要分のビタミンCを摂ることができると言われています。

 

このめキャベツにはカロチンも比較的多く含まれているため、ビタミンCとの相乗効果によりガンの予防にも役立つと言われています。

他に、ビタミンB2も多く、糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変化させ、過酸化脂質の生成を抑制し動脈硬化を予防するはたらきがあります。

 

めキャベツはキャベツの一種ですが、子持ちかんらん、姫かんらんなどの別の名でも呼ばれています。原産地はベルギーのブュッセルで、1株から50~60個、特に暖かい所では100個近くも収穫できるそうです。

 

[主な栄養素]
ビタミンA効力、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、食物繊維
[効用]
ガン、カゼ、便秘、肌のトラブル、動脈硬化
[選び方のポイント]
触って見てかために巻いているもの、緑色が濃く大きさ、色、形が均一のもの、重さが目測より重たいもの。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ