トップ > 食育キーワード > まいたけ

まいたけ 

VGT019ガンの予防と治療に優れた効果あり。

 

まいたけは、グルカンと言う多糖類が主成分で、ビタミンDを多く含みます。グルカンは、低下した免疫機能を回復させる作用があると言われているそうです。また、食物繊維が胃で消化されずに腸を刺激し、老廃物などの排出を助ける効果も期待できます。

最近では、日本薬理学会でグルカンには抗エイズ作用もあると報告されています。

他には、ビタミンB2を含んでいるため肥満を防ぐ働きもあり、低カロリーでダイエットにも役立ちます。

 

古くから食用きのこの最上クラスとして重宝がられてきましたが、天然ものはほとんどみられなくなりました。現在市場に出回っているものは1970年代半ばから始まった人工栽培のもので、主な産地は新潟県です。

 

[主な栄養素]
ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、食物繊維
[効用]
高血圧、糖尿病、便秘
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ