トップ > 食育キーワード > ブロッコリー

ブロッコリー 

EM044_L美肌効果と風邪予防ができる、ビタミンCの豊富な人気野菜。

 

ブロッコリーはイタリア料理によくみるように、原産地はイタリアを中心とする地中海沿岸で、日本には明治時代の初期に渡来したと言われています。

カリフラワーと同じ種類の野菜で、キャベツの変種です。

 

ブロッコリーはガン予防、風邪予防に欠かせないビタミンCをレモンの2倍、じゃがいもの7倍も含み、100g食べると1日の摂取量がまかなえると言われています。

 

ほかにも、豊富に含まれるカロチン、ビタミンB2、カリウム、カルシウム、食物繊維が血糖値を正常に保ち、クロムも含んでいるのでインスリンの効果を高め、糖尿病にも効果があるでしょう。

 また、皮膚や粘膜の抵抗力を強めるカロチンと、しみやそばかすに有効なビタミンCによって、美肌効果もあるようです。

 

[主な栄養素]
ビタミンA効力、ビタミンC、ビタミンB2、カリウム、食物繊維
[効用]
ガン、カゼ、肌のトラブル、糖尿病
[選び方のポイント]
つぼみが固くしまり、中央がこんもりと盛り上がっているものが良いようです。緑色の濃さの違いは栽培温度の違いですので栄養的にはあまり違いはないようです。花が開いていたり、色が茶色っぽく変色しているものは味も栄養価も落ちますので避けましょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ