トップ > 食育キーワード > ピーマン

ピーマン 

SN087_L夏野菜のピーマンはビタミンCが豊富。

 

ピーマンはビタミンCを多量に含むため、細胞を丈夫にし、カゼの予防や肌のトラブルに有効です。

また、毛細血管を丈夫にするビタミンPやコレステロール低下作用を促す葉緑素も含んでいて、生活習慣病と言われる高血圧動脈硬化にも効果があります。

 

そのほか、ビタミンAやカリウムなども含まれ、美肌や抗ガン作用などのはたらきもあるようです。

 

色も、赤、橙、黄、黒と多種類あり、中でも赤ピーマンが栄養価が一番高いといわれ、肉も厚く甘味があります。

是非毎日食べたい野菜のひとつです。

 

[主な栄養素]
ビタミンA効力、カリウム、ビタミンC
[効用]
夏バテ、疲労、カゼ、動脈硬化、高血圧、肌のトラブル
[選び方のポイント]
全体的に緑色が濃く、色が均一で、はりとつやがあるもの。ヘタの緑が鮮やかでピンとしているものが良い。茶色がかっているものは良くない。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ