トップ > 食育キーワード > にんにく

にんにく 

ニンニク免疫力アップは食品中ダントツ1位。

 

にんにくは古くから伝えられており、不浄、悪疫退散などにも使用されていました。

にんにくは食品中、最もガン予防効果も高く、冷え性や疲労回復にも最適といわれています。

 

にんにく特有の匂いは硫化アリル類のアリシンというもので、強い抗菌作用がありビタミンB1と結合するとアリテアミンとなりビタミンB1の吸収を高めて、スタミナ増強剤として効果があります。

アリシンには免疫増強作用と抗がん作用があり、毛細血管を広げて胃腸や心臓の働きを高める作用もあり冷え性の方にも効果的です。毎日少しずつ食べると、胃腸の働きが良くなり動脈硬化や血栓の予防になもります

 

[主な栄養素]
ビタミンB1、ビタミンC、たんぱく質、リン
[効用]
ガン、冷え性、胃弱、疲労、動脈硬化
[選び方のポイント]
芽が出ていたり、皮の色が茶色に変色していたりしてるものは避けて、白くふっくらとしながら重みのあるものを選びましょう。また外の皮がしっかりとしているものがよいでしょう。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ