トップ > 食育キーワード > トマト

トマト 

CQ011_L動脈硬化、高血圧の予防に最適な成分がいっぱいの料理に欠かせない一品。

 

トマトはトマトケチャップの普及と共に明治以降より広がりはじめ、洋食文化と共に戦後昭和30年代になってから一般の消費が進みました。

 

トマトの赤い色はリコピンという色素で、ガンを防ぐ効果があるともいわれています。酸味が胃液の分泌を促進し、たんぱく質の消化を助けます。高血圧の予防にも効果があるカリウムを含み体内の余分な塩分を排出してくれます。また、ビタミンCはコラーゲンの形成に役立ち、細胞を丈夫にしてくれる働きをもっています。

 

大きさや種類もたくさんあるので、お料理にあわせて工夫して積極的に食べましょう。

 

[主な栄養素]
ビタミンC、ビタミンA効力、ビタミンB1、カリウム
[効用]
ガン、高血圧、胃弱、二日酔い
[選び方のポイント]
水につけて沈むものは糖度が高いといわれています。色つやがよくずっしりと重たいものが良いようです。
[おすすめレシピ]
食育大事典facebookページ 片山源治郎 今、ここを生きる
ページのTOPへ